2020年度に小学校で必須化される、プログラミング教育への関心が高まっています。

 

そして関東圏を中心に、子どもにプログラミングを学ばせる親御さんも増えています。

 

 

しかし、いざプログラミング教育について調べてみると、

 

「よく分からない」

 

と感じる事がたくさんあります。

 

 

例えば、

 

「そもそも、どうしてプログラミング教育が子どもに必要なのか分からない」

 

「今後の子どもの将来にどう役に立つのか分からない」

 

「色々なプログラミング教材があって、どれが子どもに良いのか分からない」

 

など、プログラミング教育に関する悩みは尽きないと思います。

 

 

しかし、そういった不安は下記の3つのポイントを読めば、きっと解消出来ます。

 

そして、今すぐプログラミング教育を始めなければいけない理由が分かるはずです。

 

ぜひ今後の教育にお役立てください。  

 

 

1、どうしてプログラミング教育が必要なのか?

 

 

最初にご理解頂きたいのは、

 

プログラミング教育は、必ずしもプログラマー育成のためではない」

 

ということです。

 

 

今、あなたの周りには多種多様なコンピュータが溢れています。

 

どんな場所に行こうと、どんな職業に就こうとコンピュータから離れる事は出来ません。

 

そんな日常で使うコンピュータについて知る事が、プログラミング教育の基本なのです。

 

 

プログラミングに必要な考え方」を学ぶことは、あなたの生活をより豊かにします。

 

それらは論理的な思考力、問題解決力や表現力といった形で現れます。

 

この論理的な思考力、問題解決力が、これからの勉強、そして社会により必要な力です。  

 

 

2、論理的な思考力と問題解決力が今後を決める!

 

 

中学受験や高校受験の指導に当たっていると、

 

公式が分からないと問題が解けない子」

 

が少なくないことが分かります。

 

 

これは、なぜ答えがそうなるのか、どうすれば答えが出るのかをよく考えないまま、

 

教えられた公式や知識をそのまま使っている為に起きる現象です。

 

その通りに習っていないと、途端に手が止まってしまうのです。

 

 

こういった受身の教育姿勢を変えようというのが、昨今の教育改革の根幹です。

 

今話題のアクティブラーニングや大学入試改革も全て、

 

「自ら考え、自ら発信する力」つまり、論理的な思考力と問題解決力を求めています。

 

 

しかし、この二つは一朝一夕で身に付くものではありません。

 

また、しっかり身に付ける学習環境も十分に整っているとはいえません。

 

プログラミング教育は、その数少ない最適な学習環境なのです。

 

 

3、「Scratch(スクラッチ)」が最適な理由とは?

 

 

数あるプログラミング教材の中でおススメしたいのが、「Scratch(スクラッチ)」です

 

公式サイトは、https://scratch.mit.edu/

 

 

「Scratch(スクラッチ)」は、小中学生向けに作られたプログラミング環境です。

 

Javaやhtmlといった複雑なプログラミング言語が必要なく、

 

ブロックを動かすことで容易にプログラムを組む事が出来ることから、

 

多くの教室が「Scratch(スクラッチ)」を利用したプログラミング教育を行っています。

 

 

ただ、注意しなければいけないのは

 

「Scratch(スクラッチ)」は本格的なプログラミング教材としては非力で、

 

「Scratch(スクラッチ)」を学んだからと言って、

 

すぐに難しいプログラムが組めるようにはなりません。

 

 

一方で、子どものプログラミング教育に重要なのは「きっかけ作り」です。

 

感覚的に分かりやすい「Scratch(スクラッチ)」は、子どもが手を伸ばしやすく、

 

また、プログラミング初心者の親御さんにとっても非常に理解しやすい点が強みです。

 

プログラミング教育は、親子一緒に学ぶことでより大きな効果が得られるのです。

 

 

当教室が扱っているプログラミング講座で出す課題には、正解がありません。

 

目的を達成させるためのプログラムの組み方を全て子どもたちに任せているので、

 

子どもたちの数だけ、無数の答えが存在します。

 

親子一緒に挑戦すれば、思いもつかないようなアイディアが生まれることでしょう。

 

そうして得られた経験や記憶が、子どもの論理的な思考力や問題解決力を発展させます。

 

 

Scratch(スクラッチ)」には、プログラミング教育の基本が詰まっているのです。  

 

 

4、最後に

 

 

プログラミング教育は、これからの社会に必須の知識、能力となります。

 

その第一歩として「Scratch(スクラッチ)」はこれ以上ない教材です。

 

 

全てを盛り込むのではなく、何を目的として学ばせるのかを明確にし、

 

お子様に最適なプログラミング教育を選択してください。

 

 

 

中間テストまで、あとどのくらいですか?

テスト範囲表を貰ったばかりの人もいれば、もう課題が終わった人もいるかもしれません。

恐らく一番多いのは 「何をしたらいいか分からない」 という人だと思います。

 

しかし、安心してください。諦めるのは、まだ早い!

 

当教室周辺は、テストまで残り10日ほどという学校がほとんどなので、 このわずかな期間で出来る、テスト勉強に必要な4つのポイントをまとめました。 テスト勉強に悩んでいる人は、ぜひ実践してみてください。

 

1、テスト範囲表を熟読する

 

テスト勉強を始めるにはまず、テスト範囲を知らなければいけません。

 

「そんなの、当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、実際にテスト直前になっても、教科書のどこまでがテストに出るのか分からない生徒が少なくありません。

 

何となく分かるから大丈夫、とか、大体出るところは決まってる、など、テスト勉強のエキスパートのような発言をする子に限って、あまり点数が取れないのは分かりますよね?

 

もちろん、テストまで残りわずかな時間を少しでも勉強に充てたい気持ちは分かります。 だからこそ、何が出るのか、どこを勉強するのかを、勉強する前にはっきりさせる必要があるのです。

 

テスト範囲表をもらったら必ず、教科書の何ページまで出るのか、問題集の提出範囲はどこまでか、 課題プリントや授業プリントは揃っているかなどの準備を行いましょう。

 

2、睡眠時間を確保する

 

テスト勉強期間中は、必ず12時までに寝るようにしましょう。

 

諸説ありますが、中学生に必要な睡眠時間は、一般に6〜7時間程度と言われています。翌日の学校の時間を考えれば、夜中の12時までに寝なければ十分な時間が確保できない計算です。

 

つまり「提出物が終わらないので、朝3時まで勉強していました」という無理は、絶対にいけません。

 

終わらないから夜遅くまでやる、ではなく、時間までに必ず終わらせる。たとえ時間内に終わらなかったとしても、それ以上は絶対にやらないという強い意志が必要です。実際、東大に入学した人の多くも、受験勉強は12時前後に終わらせる人が多いのです。

 

大切なのは、毎日12時までに終わらせる事を前提とした勉強計画を立てる事です。勉強時間は後ろに伸ばさず、前に確保する事を心に留めながら、勉強しましょう。

 

3、ノートをまとめない

 

ノートまとめを始めようとしたあなたは、今すぐ手を止めましょう。その必要はありません。

 

確かに習った内容を再度まとめ直して、頭の中を整理させることはとても良い勉強法です。しかし、期限が差し迫った状況でやるべき勉強法ではないでしょう。具体的に言えば、ノートを1冊まとめる暇があったら、1問でも多くの計算問題を解いた方が絶対にいいのです。

 

ノートまとめを行うなら、学校の授業が終わったすぐ後がベストです。 家に帰ってから一日の授業内容を短時間で書き出す、いわゆる五分間勉強を行うと、ノートまとめがスムーズに行えます。あるいは、一か月前からテスト勉強を始める人は、ぜひノートまとめから始めるべきです。

 

そうでないなら、まずは課題を終わらせましょう。

 

4、分からない時は友達に聞く

 

分からない時は一人で考えずに、必ず友達に聞きましょう。

 

もちろん、本来は学校の先生や塾の先生がベストです。しかし、すぐに聞きに行けない場合もあります。そんな時は必ず友達に聞いてください。なるべく同じクラスの友達に聞くことが大切です。

 

親に聞く、という方法はあまりおススメしません。 今と昔では教科書も違いますし、教え方も異なります。色々な解き方を知る事は大切ですが、逆に混乱してしまう場合もあります。

 

一方、学校で同じ授業を受けている友達なら、やり方が違う事は無いでしょうから安心です。それに、あるいはあなたが知らないお得な情報を持っているかもしれません。友達同士の情報交換は何よりも大切なのです。

 

 

 

正直すべてを挙げているとキリがありませんが、まずはこの4つを守る事が基本です。

どれか一つでも実践していないことがあれば今日から改めていきましょう。そして、テストに向かって頑張ってください!  

JUGEMテーマ:外国語学習

こんにちは。

中学受験、個別指導のEDIX中郷校の渡辺です。

大型連休が明けたばかりで、まだ休み気分が抜けきらない人もいるでしょうか。

 

中学生はあと二週間ほどで中間テストが始まりますから、

早く勉強モードに頭を切り替えていきましょう。

 

さて、EDIX中郷校では今「英多読IBT」の受付、実施を行っています。

 

「英多読IBT」とは、パソコンやタブレットで受検出来る英文テストです

公式サイト http://www.sokunousokudoku.net/sibt/)

 

とは言え、ただの英語テストではありません。

いわゆる「英文読解力に重点を置いた短文・長文問題テスト」なのです。

 

難関私立大の英文を読むために必要な測度は、120wps(words per minute)と言われます。

つまり、1分間に120単語を読むペースで解く必要があります。

平均的な中高生が60wpsと言われるため、ちょうど2倍の速さとなります。

 

さらに大切なのは、その速度でしっかり内容理解を行わなければいけない事です。

ただ早く読めるようになっても意味がありません。

もちろん、読解力があったとしても時間が足りなければ仕様がありません。

どちらも手に入れる、その為の最初のステップが、この「英多読IBT」なのです。

 

受検の期限は、5月26日までとなっています。

 

自分の英語レベルに合わせて受検級を選べる為、英語が苦手な子も安心して受検できます。

ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

EDIX中郷校
名古屋市中川区中島新町1‐1110 コムラックスビル2F

tel      052-355-8922

mail   info@edix-chugo.com